お気に入りのアパレルショップの面接に受かるには

どうにかして憧れのアパレル業界で働きたいと思い、面接に挑むはずです。
しかも、アパレル業界に憧れる人は憧れのブランドやショップがあることが多く、面接を受けるにしても命がけ。
そのブランドやお店で働けなければ終わり、そう考える人も少なくないでしょう。
どのような準備をしていけば、お気に入りのアパレルショップの面接に受かることができるのでしょうか。

清潔感に注意して第一印象をアップ

まず大切にしたいのが、第一印象です。
人は人と会った時、ほんの数秒でその印象を決定します。
良い印象になるか悪い印象になるかは面接内容や面接官との会話というよりも、第一印象によるところが大きいと思っておきましょう。

第一印象を良くするためには、清潔感を持っておくことが大切です。
清潔感ゼロでアパレルショップの店員になれることはあり得ません。
この清潔感は、髪型、お化粧、表情、服装、立ち方や座り方、喋り方や持ち物、その他アイテムなど、あらゆるところで演出する必要があります。
面接官はこれら全てを詳細にチェックしているわけではありませんが、これら全てが整っていないと清潔であるという印象を一瞬で伝えることは難しいと心得ておきましょう。

スーツか私服か指示に従う

面接を受けるときに多くの人が悩むのが服装です。
面接の服装は、主にスーツと私服の2つに大別されます。

正社員、契約社員、派遣社員として面接を受ける場合にはスーツでも可。
しかし、接客等は私服で行うお店がほとんどのため、「面接は私服で」と指示するお店もあります。
その場合には、その指示に従いましょう。 アルバイトの場合には、面接の服装は私服で構いません。

面接の服装は、お店のイメージに合うものを選ぶようにしてください。
シックなアイテムを取り扱っているお店の面接に、派手でカラフルでガーリーな服装で行っても採用されることはないでしょう。
上で説明したように、第一印象で不採用が決定してしまいます。

しかし、無理にそのショップで取り扱っているブランドで身を固める必要もありません。
あくまでも、お店のイメージに合う服装で臨むこと、これが重要なのです。
頭らからつま先まで同じブランドで揃えてしまうと、逆に押し付けがましく、それだけで印象が悪くなってしまう可能性もあります。
できるだけ自然な服装を心がけましょう。

お店の顔として働くことを忘れずに

「人柄を重視します」と言っていても、見た目は重要です。
それは顔立ちがいいとか悪いとかではなく、印象やイメージといったもの。
アパレルショップで働くわけですから、面接官がこの点を重視するのは当たり前。
これを理解しながら面接対策を行えば、相手に好印象を与え、憧れのアパレル業界の販売員として働くことができるはずです。

画像出典元:https://weban.jp/contents/guide/catalog/info/2358.html