派遣社員として働く場合

雇用形態の中でも少し特殊な派遣社員。アパレル店員はアルバイトや正社員ではなく、この雇用形態で働くことも可能です。
しかし、アルバイトや正社員と比較したとき、メリットに感じられる部分もありますし、逆にデメリットも出てきます。
それらが自分にとってどれほど重要なのか、この点を考慮しながら雇用形態を選択しましょう。

アルバイトより時給がいい、正社員のようなボーナスは受け取れない

派遣社員として働くと、アルバイトよりも高収入を得られやすくなります。
アパレル店員の場合、アルバイトの時給は1000円前後。900円台のお店も少なくありません。
しかし、派遣会社から派遣されて働く場合は1000円を下回る時給であるケースはほとんどなく、だいたい1500円前後の時給を受け取ることができます。

1日働いたときの収入が数千円も異なってくるため、高収入であることを重要視するのであれば、アルバイトよりも派遣として働くかたちの方がいいでしょう。

しかし、正社員と比較するとボーナスを受け取れない、福利厚生も正社員のように充実していないなど、不利な点もないわけではありません。

その代わり、「アパレル店員としての体験ができる」というメリットがあります。
まだアパレルショップで働いたことがない人で、どのような仕事なのかを体験してみたいと考える人にとっては、正社員のような縛りがなく、かつアルバイトよりも時給の高い派遣という働き方を選ぶ意味が出てきそうです。

派遣期間が決まっている

派遣社員は派遣期間が決まっており、正社員のようにずっとその会社やお店で働き続けられるとは限らない点、これは人によってはデメリットとなるでしょう。
「このお店でもっと働きたい」と思ったとしても、契約期間が切れてしまえば、その願いは叶いません。
もしかしたら、そこから社員への道も開けるかもしれませんが、必ずその可能性があるというわけではないのです。

雇用契約を結んでいるのは「派遣会社」

派遣として働く人が雇用契約を結んでいるのは、あくまでも派遣会社。
お店と直接雇用契約を結んでいるわけではないため、福利厚生や待遇、契約期間などの面で正社員と比較したとき、どうしてもマイナス点が出てきてしまいます。

アルバイトはお店と雇用契約を直接結んでいるため、もし正社員になることを目指すのであれば、派遣として働くよりもアルバイトを選択した方がいいのかもしれません。
店舗に派遣された人は正社員ではないことから、責任ある仕事を任せられることもあまりないでしょう。
これを良い部分と捉えるか悪い部分と感じるかは人それぞれ。

派遣社員という雇用形態は、あくまでもお金を稼ぐことやアパレル業界を経験してみたいといった目的を持っている人に向いている働き方と言えそうです。

アパレルで働いてみたい人へ